ワイン好きの食卓

安ワインばかり飲んでいるけれど、飲み終わると忘れてしまうので書いておく日記・パンとご飯も

醸し人九平次の大吟醸 と若竹ご飯

ひな祭りの3日、東博で色々見た。最近は夜間開館も知られてきて、ぎりぎりまで人が多い。 でも、美術館博物館にこれほどの人が押しかけるというのはすごい国だなあと思う。

和食屋さんでいただいた醸し人九平次がとても美味しかったのでメモ。東洋美人とはまた違う酸味が立体的に立ち上がった吟醸酒。凝縮感とみずみずしさのバランスが良くて美味しい。

一杯目の白富士地ビール・赤富士地ビールは栃木の地ビールらしい。ヴァイツェンタイプの白は、見た目より香りも味も弱め。赤もさっぱりした感じだが、悪くはなかった。また飲むかも。

まだ小さいけれど筍や春の山菜が出てきて頬が緩んでしまう。若竹煮と、筍と鯛の土鍋炊き込みご飯。春の気配が嬉しい。梅は都内のあちこちで満開。うちの沈丁花も咲き始めて良い香り。

醸し人九平次 純米大吟醸 山田錦50% EAU DU DESI(希望の水) 720ml

お店だとどれを飲んだのかよくわからないけど、こちらが代表的らしい。

リピ度:また飲みたい。すこし高いので、すこし嬉しい時かな。
コスパ度:美味しいけど少し高い。

女の子も男の子も健やかに。明日も良い一日を!