ワイン好きの食卓

安ワインばかり飲んでいるけれど、飲み終わると忘れてしまうので書いておく日記・パンとご飯も

リューボー ミュスカデ 2015 と エビとホタテのグラタン

ミュスカデには甘くなる。なぜかというと私が魚びいきだからです。

魚には白とよく言われるけれど、案外魚と白は合わない。魚がひどく生臭く感じることもしばしばなのです。

下手な白よりも赤の方がましな時さえある。煮魚なら軽い赤を検討した方が幸せになれる。まあ、日本酒の方がいいかもしれないけど。それでもワインが飲みたい時もあるんです。うなぎや穴子をとろりと煮付けたのが乗った押し寿司は、絶対に赤。

魚の種類にもよるけれど、レモンを絞って食べたいような魚の料理ならば、やはりワインもレモンやライムの柑橘系の香りのするものが爽やかに合う。ミュスカデはその点ハズレなし。シュール・リーしたものなんか大好き。

今日は海老とホタテのファルファッレグラタンにロワールのミュスカデ。自然農法テラ・ヴィティスのワイン。鋭く、キリッとした酸が心地よい。グラタンは生クリームを使わずにミルクと豆乳で軽く仕上げた。冬野菜のサラダもプラス。

珍しく写真をとってみました。晩御飯って照明が暗いので綺麗に撮っている方はすごいなぁと思う。モバイルです。

下はミュスカデじゃなくてソーヴィニヨン ブランです。

リューボー ソーヴィニヨン ブラン 2015 [フランス/白ワイン/辛口/ミディアムボディ/1本]

リピ度:私これ好き。自然派だし魚用にリピしたい。
コスパ度: セットに入っていたワイン、以前飲んだかもしれないけど例によって覚えてない。定価は1300円前後。ミュスカデなので安いということもあるけど自然派だし、魚に合うし、個人的には良い。生魚のカルパッチョとか、生牡蠣なんかに合わせてごくぱくやったら幸せになれるやつ、これ。

では、今日もお疲れ様。ぐっすり休みましょう。